タワーマンションの下層階と上層階でバトルする映画「ハイ・ライズ」

Pocket
LINEで送る

以前から観たくて楽しみにしていた「ハイ・ライズ(HIGH RISE)」がiTunesでレンタル可能になったので、さっそく観てみたのですが、正直言って「意味不明」って感じでつまらなかったです。

基本的に、一般庶民からしてみると、セレブの生活ってそれ自体が非日常で興味をそそるものです。

「ハイ・ライズ(HIGH RISE)」に出てるタワーマンションも、まさにセレブの象徴で、マンション内にはスパ、ジム、スカッシュコート、プール、スーパーマーケットなど入っており、金持ちが住んでいます。

ちなみに、「HIGH RISE」とは「高層マンション」という意味で、映画内で出てくるタワーマンションも40階の高級マンションです。

主人公は医者で25階に住んでいるので、中間の20階よりは上というポジションです。

上層階の人間は毎日のようにパーティーをして、享楽的な生活をしています。

下層階の人間は上層階の人間に対して引け目を感じており、とうとう「上層階x下層階」のバトルが始まるのですが、なんだかその様子が意味不明な感じなんですよね。。

途中で寝ちゃいました。。

ただ、途中途中で絵がきれいなシーンが出てきて、個人的にはそちらに惹かれました。といっても、また観たいとは思いませんが。。

この映画を映画館で観た人は、映画館を出てから「意味が分からない・・・」という感じになったのではないでしょうか?

原作はJ・G・バラードのSF小説ということですが、J・G・バラードという人は 1930年〜2009年まで生きていた人で、この作品の原作は70年代に書かれたようなので、なんとなく古い感じがあります。

古いながらのアンティークな雰囲気の良さがあるのですが、今のセレブとはちょっと違う感じですね。

◆予告編動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です